2018年5月20日日曜日

沖大自治会執行部選挙  中間報告!


 2018年度沖大学生自治会執行部選挙が始まっています。今回の執行部選挙には、赤嶺知晃委員長候補(法経4年)が立候補しており、投票は5月17日~22日まで行われます。19日の段階ですでに138票が集まり、昨年の総得票数を上回っています。これまでにない勢いと深さで学生と結びきながら選挙が行われていることを感じます。
 この学生との結びつきを生み出しているのは、あかみね委員長候補のスローガンにあります。今回のスローガンは「講演会不許可許せない! 学生の貧困を変える大学へ!」「アンケート無視するな! 学生の声で大学変えよう!」「戦争と貧困は一体の問題! 沖大から声を上げよう!」の三つです。このスローガンは、昨年からの1年の闘いを沖大生と共に総括し、討論する中で練り上げられたものです。また、嬉しいことに選挙初日からある沖大生が投票を呼びかけるアピールを書いてくれました。「私は沖大学生自治会を支持します。沖縄大学には沖大学生自治会のような大学側に対峙する勢力が必要なのです。…この大学が『私たちの大学』であり続けるためにも投票に参加してみてはいかがですか?」。
 こうした訴えもあり、クラス投票や昼休みの演説でも学生から拍手が起こり、どんどん投票してくれます。中には、投票するか悩んでいる友達に「私は信任に入れたよ」と投票を勧める女子大生もいました。 
 こうした中で沖大当局は、選挙に一切手出しはできていません。しかし、18日に本性をむき出しにして襲いかかるできごとがありました。
 18日の昼休みにキャンパスを歩いていた沖大・仲地学長に赤嶺君が話しかけました。「沖大で『こどもの貧困』の講演会ができないことについてどう思いますか?」この問いに仲地学長は「その件についてはノーコメント」と言って赤嶺君に目も合わせず学長室に逃げ帰りました。最後は、学長室をノックし「アンケートを見てほしい、お話できませんか」と対話を求める赤嶺君を職員を呼んで追い出しまました。アンケートを無視するどころか、対話を求める学生を排除する。これが大学のやることなのか! 何より「その件についてはノーコメント」ということは、「こどもの貧困」講演会が学内で不許可になったことを知りながら黙認しているということです。絶対に許せません!
 この沖大・仲地学長体制の実態を明らかにする中で、クラスでの投票も増えていっています。選挙中でありながらギリギリと沖大当局を追いつめています。最後まで選挙戦を闘い抜き、本格的な学生の反撃を組織できるような自治会執行部を打ち立てていきます!

2018年5月18日金曜日

沖大学生自治会選挙、一日目の報告!

5月17日、今日から自治会選挙が始まっています!
   今回立候補している赤嶺委員長候補の選挙スローガンは、選挙戦に上り詰める過程で沖大生と討論するなかで練り上げ、つくることができたものです!
   そして、選挙初日からある沖大生が沖大学生自治会を支持し、沖大生に投票してほしいとメッセージも寄せてくれています!
   こうした中で行う沖大学生自治会執行部選挙はかつてなく学生と結びついている実感があります。休み時間中のクラスを回って投票を呼びかけるとクラスの半数以上が必ず投票してくれます。
「これくらいならやっていいかな」と沖大学生自治会の闘いを見てきた学生が投票に参加しています。これまでの闘いの蓄積を実感できる選挙戦になっています。
  そして、昼休みの展開でキャンパス中央で投票を呼びかけてもバンバン票がとれます。沖大生は何の抵抗も無く投票に参加し「頑張ってください」と声をかけてくれます。投票するか迷っている友達に「信任に入れたら」と投票を勧める女子学生もいました。昼休み中は、僕らの訴えを近くのベンチなどに座り聞く人が何人もいました。
    かつてない明るさと勢いで選挙戦を闘い抜いています。クラスで真剣に何分も悩み投票する学生など、感動的に学生と結びついています!
  明日も頑張ります!

沖大自治会選挙 三日目!


沖大自治会選挙 二日目!


2018年 学生自治会執行部選挙が始まりました!



2018年1月25日木曜日

アンケートを提出してきました! 学生の声を 受け取ったのは、史上初! 


アンケートを提出してきました! 
学生の声を 受け取ったのは、史上初!


学生の声で、力で、受け取らせた!

1月24日、私たちは、アンケート40枚を学生支援課に提出し、学生支援課の職員は受け取りました。学生の声を学生支援課が受け取る。当たり前のように思えますが、これは赤嶺委員長が2013年に入学して以来初めてのことです。
 2014年4月、沖大で突然にビラまき禁止の学則がつくられたのに対して「禁止にした理由を教えてほしい」という赤嶺委員長の質問状が受け取りを拒否されて以来、あらゆる申し入れ書が受け取られてきませんでした。しかし、今回は、史上初めて学生の声を受け取らせました!
 こういう常識を変えるような事態というのは、テスト前や日々忙しい中、沖大生がアンケートを真剣に書いて、声をあげたことが大きと思います。大学の主人公である学生が声をあげ、動き始めたということが今回の勝利を切り開きました!


まだ終わらない。学生の声が形になるまで!

しかし、学生支援課の職員は「受け取って検討してみる」と言っていますが、まだまだ不透明な点が多いです。学生の声をちゃんと受け止めるのか、アンケートの内容をどう審議するのかなどあいまいなことが多いです。
 僕らは、これで終わるつもりはありません。学生の声が形になるまで、出したアンケートがどうなるか、何回も聞きに行って形になるまであきらめずやっていこうと思います。その都度、みなさんと共有しながら、これからもやっていきたいと思っています。皆さんこれからも一緒によろしくお願いします。