2016年6月11日土曜日

「傷害」デッチあげ弾圧打ち破り、A君の奪還を勝ち取ったぞ!


 多くの方々の支援によって沖大自治会と共に闘ってきたA君(写真右)不起訴釈放を勝ち取りました!
 学生が団結すれば国家権力の弾圧を打ち破れることを証明しました! 今回の弾圧で安倍と一緒になってA君逮捕を喜び、キャンパスでの弾圧を激化させた沖大当局は恥を知れ!
 社会を動かし、歴史を変える力は安倍や沖大当局ではなく、弾圧に負けずに決起する沖大生にあります。2016年度沖大自治会執行部は早くも「A君の奪還」というスローガンを達成しました!
 これからも選挙で掲げたスローガン「反戦ストでキャンパスを反戦・反基地のとりでに!」「沖大自治会の仲間A君を取り戻そう!  赤嶺君、盛島君への処分撤回!」を完全に実現するために闘っていきます!

全学連のサイトからA君奪還のビラを転載します。
https://drive.google.com/file/d/0B061J9_8Vc5DazlNUTR6Q0Q3NXM/view?usp=sharing
 
5月14日、日帝・警視庁公安部は沖縄闘争の直前を狙い、沖縄大学で活動する全学連のA君を、5か月も前のありもしない「傷害事件」をデッチあげて不当逮捕した。さらに沖縄大学学生自治会の赤嶺知晃委員長の自宅に不当捜索を強行、16日には前進社を不当捜索した。満腔の怒りを込めて弾劾する。
 「傷害事件」など一切存在しない。昨年12月、立川駅で全学連の学生たちが「改憲阻止・安倍たおせ」の署名活動を行っていた際、酔っぱらった男がしつこくつきまとってきた。男は妨害を繰
り返したあげくに、A君の前で、なんと自分から地面に倒れこみ、「暴行だ!」「頭をけがした」などとわめいたのだ。何が「体当たりして大怪我させた」だ! 100パーセントの大うそだ。男は警察を呼び、A君を逮捕させようとしたが、通りがかった人びとが怒りの声を上げた。「この人は自分で転びました」と証言する人も出る中で、警察は逮捕できなかったのだ。
 警視庁公安部は、5か月も後の今になって、この出来事を「傷害事件」と言いなして今回の逮捕に及んだ。弾圧は初めから破産している。
  5・14弾圧は、日帝・安倍政権が警視庁公安部を先兵として計画的に準備した政治弾圧だ。何よりも沖縄闘争破壊を狙った弾圧だ。5・15沖縄闘争の直前に、沖大自治会が大学当局の弾圧をはねのけて反戦ストライキに立ち、沖縄全島ゼネストをけん引しようとしていることに日帝は震えあがったのだ。
     また、安倍政権のすさまじい危機に突き動かされた弾圧だ。資本家と政治家の腐敗、生きられない社会への怒りが煮えたぎり、その先頭で全学連が鈴木たつお弁護士を押し立てて7月参院選勝利へ進撃している。日帝は打倒される恐怖に震えながら戦争と改憲、さらなる新自由主義攻撃に突進するために伊勢志摩サミット前を狙って弾圧を強行したのだ。
 デッチあげ弾圧は反戦闘争や労働運動・学生運動をつぶすための国家権力の常套手段だ。デッチあげこそ国家権力の不正義、腐敗、反人民性の極みだ。
 昨年9月警視庁公安部は、全学連の4学生がスパイを「監禁致傷」したとデッチあげて逮捕した。今年2~3月には京大反戦バリケードストライキを理由に6学生を「威力業務妨害」容疑でデッチあげ逮捕した。さらに、4月には東京学芸大学における反戦ビラまきに対して「建造物侵入」でデッチあげ逮捕した。だが、そのすべてが労働者人民の怒りの反撃をつくり出し、学生は全員不起訴釈放をかちとった。そして今回も、完黙・非転向で闘ったA君は、6月3日に奪還をかちとった。
 弾圧は団結して完黙・非転向で闘えば必ず粉砕できる。A君奪還から参院選決戦勝利・全国大学反戦ゼネストへ全国学生は突き進もう!

2016年6月9日木曜日

キャンパスで学生が「戦争絶対反対」「全基地撤去」を訴えることを徹底的に妨害する沖大当局

 米軍属の女性殺害遺棄事件に怒り、反戦・反基地を訴える沖大生の赤嶺くんのが沖大キャンパスに入ることを阻止し、マイクを抜く沖大当局。

 
 選挙最終日、より暴力性を増し、学生の訴えを妨害する沖大当局。学生支援課長の國吉は、腹で拡声器をふさぎ音を消そうとしています。許せない! しかし、この攻防を見ていた地域住民の男性がビラをもらい「大人に負けるな!」と赤嶺委員長候補にエールを送ってくれました。


 自治会選挙初日、キャンパスで「安倍たおせ!」の旗を立てるなと弾圧する学生支援課職員・比嘉。


2年前の反戦を訴える沖大キャンパス集会に学生を組織し「帰れコール」を行ったことをどう思うか質問され、焦るチャンドラ副学長。質問する学生に「許可なしにカメラ撮影やめろ」「民主主義じゃない」「暴力的だ」と言って話をそらす。一方で、自らは、学生に対して無断でビデオ撮影を行い、学生の話も聞かずにビラまき禁止や学生集会禁止の学則改悪を行った。何よりもチャンドラ副学長は、仲地博学長に申し入れ書を提出しようとする赤嶺君を職員と一緒に暴力的に排除した張本人である。チャンドラ副学長の言う「許可なしにカメラ撮影やめろ」「民主主義じゃない」「暴力的だ」は完全にブーメランである。

「『帰れコール』とはなんぞや?」という人は、2年前のキャンパス集会の動画を見てください。沖大当局の醜悪な姿や戦闘で弾圧するチャンドラ教授が写っています。